起業したらいったいどれくらい稼げるのか? – 起業家収入の実態

起業家の4割が月商30万円未満
起業家の42.1%が月商30万円未満――日本政策金融公庫調べ。

起業家の42.1%が月商30万円未満――日本政策金融公庫の調査でこうした結果が出た。また4人に3人は本人1人だけで起業し、7割近くが自宅で事業を営んでいた。

起業家の収入は「50万円以上100円万未満」が17.6%と2番目に多く、「100万円以上500万円未満」が15.3%、「30万円以上50万円未満」が14.7%、「500万円以上」が10.2%──と続く。

IT media

(* `・д・) : 起業した人の収入って、スゴい気になるんだけど、けっこう現実は厳しいんだねー。

4割以上の人が、30万円未満の売り上げなのか。。。

(=´・ω・) : 30万円未満が4割、500万円以上は、たった1割なんだね。

(* `・д・) : これじゃぁ、起業しようって人はなかなか増えないよね。

(=´・ω・) : まぁ、起業ったって、個人事業主と法人化じゃ、全然話が違うからね。

この政策金融公庫の調査は、両方をまとめて調べたものだから。

この調査だと。。。

・個人事業主 84.9%
・法人 12.3%

ほとんどが、個人事業主だよ。

(* `・д・) : 個人だったとしても、この収入は厳しくないの?

(=´・ω・) : そりゃー多いに越したことはないけど、個人事業主だったら、ナントカなるんじゃない?

事業形態についても。。。

営業場所
・自宅 68.7%
従業員数
・1名(本人のみ) 74.6%

っていう数字だよ。
ほとんどが、個人一人で、自宅でやってるんだよ。

たとえ月商が30万円未満だったとしても、固定費もそんなになさそうだし、いろんなものが経費で落とせるし、売上高がそのまま営業利益になってる感じじゃないのかな。

(* `・д・) : 経費がほとんどかからないってことかぁ。

どーいう仕事をしたら、そんなふうになるんだろ?

(=´・ω・) : この記事には職種別のことは書いてないけど、資格を持ってる士業や自分の特技を生かしたフリーランス、コンサルタントとか、なんかの先生とか。。。あとは、営業とかのサービスを請け負ってる仕事とかかな。

(* `・д・) : あーそれだと、個人で自宅でもできそうだね。

売り上げが低くても、十分生活はできるのかぁ。

(=´・ω・) : そう。個人事業主って、そういうもんだよ。

(* `・д・) : でも、起業したら、もっとお金持ちになれるのかと思ってたよ。

なんだか、現実の数値を見ると、夢がないなー

(=´・ω・) : いや、独立して、自分の好きな仕事をするのが、「夢」なんだよ。