where to buy clindamycin phosphate lotion buy lisinopril online uk where can i buy cephalexin 500mg for dogs buy children's allegra can you buy dulcolax suppositories over the counter

文在寅の小中華思想 – 近代国家と国際条約の理念を覆す危険な発想

世にも奇妙な韓国政府の日本批判

 日韓関係は、過去の植民地支配と歴史認識をめぐってさまざまな軋轢を抱えてきた。だが、文大統領政権下で、日本批判が激しさを増し、日韓の対立は急速に深まっている。終戦以降、ここまで日韓関係が悪化したことはかつてなかった。

 2018年末から立て続けに日韓関係の懸案事項が発生している。
・慰安婦問題における日韓合意の破棄
・自衛隊機に対するレーダー照射
・日本企業に対する徴用工賠償判決
・日本の韓国に対する輸出管理強化
・日韓秘密軍事情報保護協定(GSOMIA)の破棄

 そのたびに文大統領をはじめ、韓国政府関係者は、日本政府を激しく非難してきた。

 しかし、その発言は、「礼儀」「自尊心」といった言葉を多用した非常に奇妙なものだ。

・韓国政府の奇妙な発言集

関連記事

[adcode] 激越な文大統領の発言  8月2日、日本政府は輸出管理で優遇措置をする「ホワイト国」から韓国を除外することを閣議決定した。 この日本の決定に対し、2日午後、韓国の文大統領は、臨時の閣僚会議を開き、声明を出した。[…]

関連記事

予想の斜め上を行く韓国 [adcode]  文政権下で日韓関係が悪化する中、韓国政府による日本批判が、日々激しさを増している。 しかし。。。 韓国側からの批判は、しばしば、唖然とさせられるような理解に苦しむものがある。特に文政[…]

日韓関係

 現代の国際関係の常識から逸脱した発言ばかりで、日本政府はどう対処すべきか持て余している状態だ。
 相手が何を考えているのか分からなければ、日本としてもそもそも反論のしようがない。一体、どういった発想で、このような批判が飛び出してくるのか。国際秩序に対する韓国側の根本的な認識や発想から考える必要があるだろう。

文政権の思考回路 – 小中華思想

 文政権の一連の日本批判から見えてくることは、韓国が国際法や立憲主義、民主主義といった近代社会の理念ではなく、儒教的な発想に基づいて国際関係を理解しているということだろう。

 中国を中心として周辺国を儒教的価値観で序列付け、儀礼的な序列関係に従って秩序を保つ―――こうした中華思想に基づく韓国人の態度は、しばしば「小中華思想」などと呼ばれて揶揄されてきたが、それはあくまで一部の政治家や著名人の態度の問題であって、それ以上の問題ではなかった。

 。。。はずだった。。。

 しかし、どうも最近の文大統領をはじめ韓国政府からの数々の発言は、本気で立憲主義、法治国家、国際条約といった近代的概念を理解していないのではないかと思えるようなものが多い。

 文政権は、どうやら本気で国際関係を小中華思想に基づいて理解している可能性がある。近代的な用語で粉飾していても、言っている内容は小中華思想そのものだ。

 儒教的な発想における秩序関係は「長幼の序」に基づいている。
 この関係性では、年少者は年長者に対して敬い従うことを要求される。これは生まれながらにして、すでに決まっているもので、個人の資質や努力などの要素は一切関係がない。生まれた条件によって決定される関係性で、個人は否応なく、これを受け入れる他ない。
 そして、この関係性は永続的で変化することがない。この関係性に疑念を抱くこと自体が、非倫理的なものとして非難される。これを国際関係にまで持ち込んで理解しようとするのが、中華思想だ。
 今の文政権を見る限り、この前近代的な思想を韓国はいまだに現代においても持ち続けていると言わざるを得ない。

 韓国の儒教的観念からすれば、日本は目下の存在になる。(なぜ日本が目下の存在なのか?それは、そう決まってるからそうだとしか言えないものだ。儒教とはそういうものだ。)
 目下のものは目上の者に対して恭順の態度を示さなければならない。この関係性は、歴史的にすでに決まっているものであって、今後どんなことがあっても決して変わらない。変わること自体が、長幼の序を乱す「非倫理的」な行いだからだ。

 今の文政権はこの関係性を日本に強要しようとしてきている。

 しかも歴史問題を口実にしてだ。

 この時代錯誤で極めて前近代的な小中華思想を歴史問題を使って正当化しようとしているのが韓国の実態だと見るべきだろう。文政権に至ってこうした態度が露骨に出てきている。

 歴史問題が解決しないのはある意味必然だろう。日本が国際法に則り国際条約によって解決しようとしているものを、韓国は小中華思想に基づく長幼の序を糺すための問題として捉えているのだから、埒が明くわけがない。

 文政権の数々の発言から読み取れることから考えれば、韓国にとっての歴史問題の解決とは、日本が「長幼の序」に従って、永遠に恭順の態度を取るということになる。未来永劫に亘って日本は韓国に謝罪しなければならない、というのは小中華思想を基本として考えなければ、絶対に出てこない発想だ。小中華思想に対等な関係性というのはない。

 文政権の小中華思想は、かなり強烈なもののように思える。
・経済的な大国となった中国へ政治的経済的にもすり寄ろうとする態度。
・北朝鮮との経済統一路線。
・歴史問題による強烈な反日思想。

 こうした文政権の政策路線が、日韓関係を軽視し、小中華思想に基づく上下関係を正当化する背景となっている。

 韓国が小中華思想に囚われ続けている限り、対等な国際関係を結ぶことは難しい。
 近代国民国家を前提とした国際社会の秩序と中華思想に基づく世界秩序の対立―――かつての明治政府が直面した同じ問題に今また日本は、取り組まなければならない。
 日本は、韓国が全く異なる世界観の中を生きているということを十分にわきまえた上で、今後の日韓関係を構築していかなくてはならないだろう。

5 1 vote
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x