ventolin inhaler online shop where to buy retin-a cream in singapore order ranitidine online cheaper alternative to crestor viagra online ch

なぜアメリカでは多くの人々がマスク着用に反対するのか? – Anti-Maskers

マスク着用に揺れるアメリカ

 マスク着用の義務化をめぐる混乱は、より一層混迷を深めるばかりで、どうも収まりそうな様子はない―――

 もちろん、アメリカでの話だ。
 7月時点で、全米50州のうち民主党知事の州を中心に18の州で、公共な場におけるマスク着用が義務化された。

 コロナウイルスが広がり始めた2月、3月頃までは、欧米諸国では、「マスクは不要」「マスクに感染拡大防止の効果はない」という論調が主流だった。だが、感染拡大が深刻化した4月頃からは、論調が変化。マスクを着用を支持する人々が増え始め、そして、6月以降は、ヨーロッパ各国が相次いで、公共の場でのマスク着用の義務化を決定。
 こうしたヨーロッパ各国の流れを受けて、アメリカでも公共の場でのマスク着用義務化を法制化する州が増え始めた。

 しかし、これに対し、多くの人々が反発。マスク着用をめぐって、アメリカ各地で様々な混乱や衝突が相次いで起きていて、それが連日のように報道されている。

・マスク着用を求められて激怒する人たち

 なぜ、多くの人々がこれほどマスク着用に反対するのだろうか。

 フロリダ州パームビーチの郡制委員会において、一般市民が参加して開かれた公聴会で、地元住民がマスク着用義務化について意見を述べている。
 マスク着用に反対する人たちが何を考えているのか、非常に参考になる。

 この一般参加の委員会で、市民が述べている意見をまとめると以下のようなものだろう。

・息を吸うことは神から与えられた恩寵であるという強い宗教的信念
・憲法で保障された個人的権利と自由の尊重
・自分の身体は自分で管理するという自己責任論
・アメリカは自由の国であり、共産主義国家でも独裁国家でもない。

(宗教的な信念に基づく過激な意見を述べている赤いTシャツの女性は、メディアに何度も取り上げられて特に有名になった。しかし、意見はブッ飛んでいるが、法制化をめぐって一般市民が意見を述べる機会が与えられるのは、民主主義としてアメリカの非常に優れた点だろう。)

マスクに反対する理由とは。。。?

 もともとアメリカにマスクをする習慣はなかった。マスクをする日本の習慣を揶揄したり、奇妙なものとして受け止めている欧米人は以前から非常に多かった。
 アメリカでのマスクに対する印象や意見は、そのほとんどが否定的なものだったと言っていい。
 多くのアメリカ人がマスクに対して抱く印象は、だいたい次のようなものがよく挙げられている。

・マスクは病人がするもの。
・マスクをして顔を隠している人は犯罪者。あるいは、何か後ろめたいものがある人。
・表情を隠す人は、会話や意志の疎通を拒絶しているように見える。
・顔を布などで覆う習慣のある宗教や民族に対する強い偏見。

 以前テレビのインタビューで、アメリカ人の女性が「マスクをしている人は何か犯罪を企んでいそうで怖い。一人では絶対に近づけない。」と述べていたのが非常に印象的だった。
 また、アメリカでは会話(communication)において、「表情」が非常に重要なので、表情を隠す行為は何か拒絶されているような印象を受けるらしい。
(アメリカ人から、日本人は会話において表情の変化が非常に乏しいので、何を考えているのかよく分からない、という指摘が昔からあった。そういえば、ずいぶん前だが「能面のような日本人」という言葉が流行った時期があったなぁ。)

 結局、アメリカでは、マスクが感染拡大防止に役立つのかどうかという医学的、科学的な調査に基づいた議論に至る前に、政治的信条、宗教的信念、文化的習慣に基づいた感情的な反発が強く、冷静な議論自体ができていないという状況だ。
 政治的信条、宗教的信念、文化的習慣による強烈な感情的反発とそれに基づいたマスクに対する偏見に固執してしまっている。こうした人々には、マスクの効用について、いくら医学的、科学的な根拠を示して説得したところで、全く無意味だろう。

 もう、おそらくこうした人々を説得する方法はないだろう。結果として、マスク着用に反対する人が多ければ多いほど、マスク着用を法律で義務化しなければならなくなる。
 義務化されれば、さらに反発が強まる。完全な悪循環だ。

 私は、マスク着用の義務化、法制化には断固反対だ。人にはそれぞれ身体的、経済的、医療的に異なる背景があり、他人には簡単にうかがい知れない事情を抱えている。そういったものをすべて無視して、法律で一方的に義務化するのは非常に問題だ。
(人それぞれが抱える事情も知らないくせに、安易に他人を批判する「自粛警察」「マスク警察」と呼ばれる人たちは、真の意味で人間のクズだと思う。)

 欧米各国のような義務化の流れが起こらないようにするためにも、特段の事情がない限り、マスク着用を自発的に行っていくことが最も求められている。

 まぁ、日本は今のところその心配はなさそうだが、アメリカではなんでこんな単純なことができないのだろう。。。??

・SNS上では、マスクをめぐるトラブルが日々大量に投稿されている。

 。。。しかし、マスクごときでなんでこんなに揉めるんだろうねぇ。。。

5 1 vote
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x