buying retin a from ebay where to buy motrin 800 mg purchase finasteride 5mg buy orlistat online usa

QAnon(キューアノン)とDeep State – アメリカで渦巻く陰謀論

Qアノンとは一体何か?

・都市封鎖抗議者(anti-lockdown protesters)
・マスク反対論者(anti-maskers)
・地球平面論者(flat earthers)

 アメリカでは、次から次へと色んな主張(ちょっとフツーでは考えられないような。。。)を唱える人々がしばしば現れるが、最近注目されているのが、QAnon(キューアノン)と呼ばれる人たちだ。

 「QAnon」とは、ネットの掲示板で「Q」を名乗る人物が主張した陰謀論を信望する人々のことだ。 「Q Anonymous(氏名不詳のQ)」を略して、そう呼ばれる。

 始まりは、2017年10月まで遡る。アメリカの大手掲示板「4chan」に「Q」を名乗る人物が陰謀論を展開し始めたのが最初と言われている。

 その主張がまたブッ飛んでいる。

 バラク・オバマ前大統領やヒラリー・クリントンなど民主党系の大物政治家とジョージ・ソロスなど上層の金融・財界人、及び高級官僚は、密かに「影の政府」を組織していて、アメリカ国家の支配、転覆を企んでいる。
 トランプ大統領は、その企みを阻止するためにあえて大統領となり、暗躍する陰の組織と戦っている―――

 彼らの主張の大筋はこのようなもので、さらに、この認識を前提としてさまざまな陰謀論が展開されている。
 いくつか取り上げてみると。。。

・大統領選でのロシア介入疑惑は、実はトランプがあえてでっち上げた事件で、モラー捜査官はトランプを捜査するふりをして実際は、ヒラリーなど民主党議員によるクーデターを捜査している。
・ウィキリークスの暴露によって民主党全国委員会(DNC)委員長を辞任することになったデビー・ワッサーマン・シュルツは、東欧系のギャングを雇って、DNCのスッタフを殺害した黒幕。
・トランプに批判的なジョージ・クルーニー、トム・ハンクスなど何人かのリベラル派のハリウッド俳優は小児性愛者で、そのための人身売買を行っている。
・北朝鮮の金正恩はCIAによって作り出された傀儡政権。
・ドイツ首相のメルケルはヒトラーの孫。
・ロスチャイルド家は、悪魔崇拝の指導者。

 ネット上だけの単なる悪ふざけではない。QAnonたちは、こんな話を本気で!信じているのだ。
 2018年半ば頃には、すでにトランプ支持者の集会などで、Qの主張を支持するプラカードを掲げた集団が登場したことで実際に多くの人々が支持していることが明らかになった。

 彼らは本気!なのだ。(大事なことなので2回言いました。)

 彼らは熱烈なトランプ支持者で、その思想的傾向には、次のような特徴がある。

・極右思想
・反エリート主義
・反ユダヤ主義

 2020年11月の大統領選を控えて、QAnonの活動は、ますます活発になり、注目も集めるようになっている。

・自らQアノンであることを示す人々

「Q」とは誰か?

 最初にネット掲示板の4chanで「Q」を名乗った人物は、「Q clearance」という国家の軍事最高機密を閲覧する資格を持ち、国家の軍事会議にも参加していたという。そこで何人かの民主党政治家と政府高官による陰謀に気が付き、それを掲示板において告発したのだと主張している。
 QAnonたちは、「Q」がひとりの人物ではなく、複数人から成る組織であり、政府内いおいて不正を正すために密かに活動していると信じている。そして、トランプは、この「Q」の指示によって、大統領として活動しているのだという。

 一応、念のために言っておくが、これ、全部掲示板上での話だ。そう、ネットの掲示板だ。(大事なことなので2度言いました。)「Q」の身元もQの主張もすべてネットの掲示板上で書かれたもので、それ以外の情報源は一切ない。
 「Q」を名乗る投稿は、初めは4chanで展開され、後に8chanなど拡大していった。当然、投稿の度にIDも変わっている。「Q」の存在が、一人であるのか複数人であるのか、同一の人物(たち)によるのか、何ら確証はない。当たり前だ、掲示板なのだから。
 しかし、それでもQAnonたちは、「Q」が機密情報を知り得る立場の人物で、おそらくは軍事関係者であり、実在すると信じているようだ。

政治不信とDeep State

 国家を背後から操作している黒幕として、「Q」が指摘しているのが「Deep State」と呼ばれる存在だ。
 Deep stateとは、民主党系の大物議員、高級官僚、金融・財界の上層部によって組織された影の政府で、「国家内の国家(deep state)」として政府内で秘密裏に活動し、合法、非合法の手段を問わず、政府を裏から制御、支配している。。。らしい。
 QAnonたちによれば、政府が少数派(minority)や移民優遇の政策を実施しようとしている際は、deep stateが暗躍しているせいだ、ということになるらしい。

 まぁ。。。あれだ、よくある秘密結社というやつだ。実は秘密結社が存在し、実際の政治を操っているのは彼らだ、という発想で、昔からフリーメイソン、イルミナティ、ユダヤ財閥など、さまざまな組織の存在が噂されてきた。それが今回は、民主党系、リベラル系の秘密結社が存在する、ということらしい。さらにその秘密結社に戦いを挑んで孤軍奮闘しているのがトランプ大統領だ、というおまけつき。
 ついでに言えば、「Q」もその対抗組織としての秘密結社ということになる。

陰謀論はなぜ広まるか?

 一部の人々とはいえ、なぜこれほど荒唐無稽な陰謀論を信じてしまうのか。
 陰謀論を受け入れてしまう背景として、よく挙げられるものは次のようなものだ。

 ・保守層を中心に一般的にアメリカでは、大手報道機関、マスメディアに対する不信感が根強い。
 ・アメリカは先進国では珍しいほど宗教心の強い国家だということ。(思想信条の強さが、科学的根拠に基づいた理性的な思考をしばしば上回ってしまう。)
 ・新型ウイルスの流行で社会不安が増大し、責任を転嫁するための身代わり(scapegoat)を求める心理が強くなっている。
 ・2020年11月の大統領選を控えて、保守層に焦りが出てきている。

 もともと陰謀論が受け入れられやすい下地が存在するところに、社会不安が重なり、新たな陰謀論が広がっていったようだ。この陰謀論、トランプ政権が続くうちは、収まりそうもない。

・コロナウイルスのパンデミック下で、QAnonの陰謀論が急速に広まっている様子を伝えるBBC。

5 1 vote
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x