Facebookの顔認識機能、新たな段階へ

驚異的な発展を続けるFacebookの画像解析技術

個人情報の取り扱いをめぐって物議が絶えないFacebookだが、またなにやら波紋を呼びそうな記事を見つけた。2015年11月の記事↓

フェイスブック AIで「写真に何が写っているのか」を判別

フェイスブックは、人工知能(AI)の研究で成果を上げており、ユーザーの好みに、従来以上に適合するニュースフィードの実現の動きを進めている。

同社は11月3日、写真の中の物体や動きを認識できるシステムを開発したと発表した。このシステムは業界の標準と比べて判別のスピードが30%速く、既存の仕組みの10分の1の手間で学習を行うという。

また、写真に何が写っているのかをデバイスに答えさせる新しい機能ビジュアルQ&A(VQA)も備えている。この機能では、質問を読んで理解し回答することができる同社の自然言語処理技術Memory Networksが使われている。

この技術はユーザーによりマッチした画像、投稿、そして広告の提供を可能にするほか、目の不自由なユーザーにとっても価値の高い機能になる可能性を秘めている。同社はさらに、メッセンジャーに組み込まれているパーソナルアシスタントツールMの強化にもAIを使っている。

Forbes Japan

ここ最近、Facebookに写真をuploadすると、「この画像に含まれている可能性のあるもの」という表示が出て、そこに写っているものの名前が、ずらずらっと挙げられていて、何だこの機能は?と怪訝に思っていた。

例えば、公園の写真をupすると、「花壇」「ベンチ」「木」「自然」など、そこに写っている対象物が解析されて、その名称がtag付けされているようなのだ。

顔を認識するだけでもビビっていたのに、ついにここまで来たかー!という感じだ。

Facebookが自動顔認識機能を開始したときは、さまざまなメディアに取り上げられ、いろいろと物議をかもしていた。下の記事は、Facebookが2011年に世界各国で自動タグ付け機能を開始した際のものだ。

フェイスブックの顔認識機能が物議

米フェイスブック(Facebook)は今週、世界各国への導入を開始した顔認識機能「Tag Suggestions」をめぐり、非難の矢面に立っている。

この機能は、顔認識ソフトを使って、新たに投稿された写真をこれまでにタグをつけられた写真と比較し、その人物の名前を割り出すとともにタグ付けを提案するというもの。

米国では昨年12月に先行導入されていたが、今週コンピューターセキュリティ対策企業ソフォス(Sophos)のグラハム・クルーリー(Graham Cluley)氏が自身のブログで疑問を投げかけたことから、再び注目が集まっている。

クルーリー氏は、機能がユーザーへの告知なしに導入されたこと、タグ付けがユーザーの承認なしに自動的に有効になることを問題視している。

AFPBB News

この時は、さまざまな議論が上がっただけでなく、利用者からも批判が相次いだ。

自分自身も最初この機能をFacebook上で見たときはかなり驚かされた。Facebookを使い始めのころ、写真をupすると自動的に人の顔を認識し抽出するだけでも驚いていたが、今やそれが誰であるかを自動的に推測するまでになった。

Facebookに写真をupしたら、勝手に顔を認識し、それが誰々ですね、なんて突然言われたら、そりゃー私みたいなアナログ人間はビビる。しかも、それが結構な精度で当たっているのだ。個人情報の保護についてよりも、この技術の進歩の方がよほど気になった。

そして、この機能はさらに強化されていく。2014年3月の記事↓

Facebook、“ほぼ人間レベル”の顔認識技術「DeepFace」を発表

米Facebookの人工知能(AI)ラボが、顔認識技術「DeepFace」に関する論文を公開した。

この技術は、ディープラーニング(深層学習)と呼ばれるニューラルネットワーク技術を採用している。Facebookは昨年12月、人工知能研究ラボを立ち上げ、深層学習を研究するヤン・ルカン教授を所長に迎えた。

DeepFaceの2つの画像の顔の識別精度は97.25%で、人間(97.53%)とほぼ互角という。従来の顔認識技術より25%精度が上がったとしている。

実験には、公開されている画像データベースやFacebookにアップロードされている4030人の440万点の画像、米GoogleのYouTubeの動画内の顔データを集めたデータベースを利用した。

DeepFaceは画像内の顔から3Dモデリング技術で正面を向いた顔の画像を作り、これを1億2000万以上のパラメータを持つマルチレイヤーのデータにしてニューラルネットワークで共通ポイントを解析する。

ITmedia エンタープライズ

97.25%の精度だ!

Facebookのこの自動顔認識機能について肯定的な意見を聞いたことがない。それにもかかわらず、Facebookは更なる開発を続けているようだ。人工知能研究ラボを立ち上げていたことにも驚きだが、顔認識機能の精度がほぼ人間の能力に匹敵するまでになったというのは、かなり驚異的な技術進歩だ。

この記事の中における技術的な説明の部分は全く意味不明だが(俗に言うちんぷんかんぷんだが)、取り込んだ正面画像から角度を付けた画像を推測で自動作成できるとなると、写真に人の顔が少しでも映っていれば、自動顔認識機能でその人が誰かを推測することが出来るということになる。

そして、今回の記事で、それが人間の顔以外にも広げられていることが分かった。

今後、この技術はどこまで進んでいくんだろう?そして、どのような利用のされ方をしていくのだろう?

個人情報と自己責任

顔認識の機能も当初は利用者の間でも多くの拒否反応があったにもかかわらず、結局、利用者の間に定着したように思える。手動か自動なのかわからないが、顔のタグ付けを利用している人が意外と多いのには驚かされる。

自分の個人情報の取り扱いが気になる人は、設定でタグ付けを拒否してしまえばいいだけだし、それでも気になる人はFacebookの利用自体を停止すればよい。
また公開範囲が多くの場合、友人間に限られていることもあり、この機能が開始されて3年ほどたったが個人情報についてそれほど大きな問題が起きたという話は聞いたことがない。この自動顔認識機能がFacebook上で利用されている間は、特にそれほど問題視する必要はないように個人的には感じる。

しかし、問題はFacebook上のことではない。この技術が将来どのように利用されていくのか、どの分野に流用されていくのか、ということの方がはるかに重要だ。

Facebookの新たな責任

Facebookが立ち上げたという人工知能研究ラボは、おそらく、というか確実にその他の技術の研究も行っているはずだ。この研究機関が、いついかなる時に他の企業や政府機関に売却されるとも限らない。また技術の流出は、今現在起きていてもまったくおかしくない。あるいはすでに政府など他の機関が開発した技術が、研究者の移動などに伴ってFacebookをはじめとした民間企業に流れてきただけなのかもしれない。

まぁこれ以上根拠のない憶測を話しても意味がない。ともかく一度開発された技術は、遅かれ早かれ、さまざまな分野へと応用されていくということだけは確かだ。
誰でも思いつくことだが、監視カメラへの応用などはすでに始まっているかもしれない。

もちろんこうした技術の進歩から、すぐに監視社会の到来とか言うつもりはないし、個人情報が商業利用、あるいは政治利用されるとかいった批判をするも気もないが、一企業が大きな責任を担う時代になったということだけは最大限強調しておきたい。

Facebookの顔認証といい、iPoneの指紋認証といい、個人を特定する膨大な情報を一企業が収集することが可能な時代になった。こうした情報を取り扱う企業は、単なる営利企業としての立場を超えた重い社会的責任があるはずだ。これは、かつての企業にはなかった新たな時代の新しい責任だ。
まだまだ若いザッカーバーグに率いられているFacebookは、その責任をどこまで自覚しているんだろうか。