【吉本茶番劇】反社との関わりそっちのけで、よしもと「お家騒動」に

参議院選挙投票日に。。。

7月21日参議院選挙が行われた。史上2番目に低い投票率で、48.80%。国政選挙が50%を下回るのは、24年ぶりだ。
10代の投票率の低さが際立っていて、31.33%。19才だけを単独で見ると、28.05%で、2割台でしかない。

この選挙期間中、この国民は一体何をしていたのか。

そう、よしもとの茶番劇に夢中になっていた。。。

よしもと芸人闇営業問題

反社会団体の宴会に出演して、吉本興業から契約解除された芸人二人が、わざわざ投票日の前日、釈明会見を開いた。

吉本興業所属の複数の芸人が、詐欺で逮捕された反社会団体に、吉本を通さず直接営業し金銭をもらっていることが週刊誌で報道されたのが、6月初め。一か月以上経ってからの会見だった。

その間、疑惑をかけられた芸人たちは、報道内容を否定し、嘘に嘘を塗り重ねる発言を繰り返し、最終的に逃げられなくなった段階で、疑惑を事実として認めるという、くっそマヌケな醜態を演じていた。

所属事務所を通さず、芸人が直接営業すること、俗に言う「闇営業」が発覚し、しかもその営業先は反社会団体だった———
こうした事態を受けて、吉本はこれら芸人の契約を解除。そして、後手後手の釈明会見となった。

当然、会見の場では、なぜ会見の開催が遅れたのか、その理由と経緯の説明が求められた。

で!!

ここで爆弾発言!

疑惑の芸人たちは、最初の報道直後に謝罪会見を開くつもりだったが、吉本の社長によって止められていたと暴露。謝罪会見を開けば、クビにするぞと脅されていたと発言したのだ。

こっから世論は急展開。批判の矛先が180度変わって、吉本の社長と経営陣が悪いという話になってしまった。
吉本興業社長の芸人に対するパワハラが問題となり、闇営業を行った芸人は一転、被害者となった

この世論の急展開を見て、大物芸人から小物芸人までが、一斉にわれもわれもと吉本批判を展開し始めた。
これで完全に論点は、吉本興業のブラックな経営姿勢に移り、吉本経営陣対芸人という構図になった。「反社会勢力との関わり」という当初の問題は、どこへやら。

吉本批判に便乗して騒ぎまくった芸人どもは、まさに論点逸らしに成功したのだ。吉本は、会社もそれに所属する芸人も、多かれ少なかれ、闇営業や反社との関わりがあるのだろう。これ以上、突っつかれてはまずい内容から、論点をずらした手腕はもうお見事としか言いようがない。

これで問題は、吉本の内紛、「お家騒動」の様相を呈するようになった。

そんで、わざわざ選挙当日、吉本が社長の記者会見をすることを発表。もう国民の関心は、吉本のドタバタ劇に釘付けとなった。

吉本社長の歴史的会見

選挙翌日の22日、社長の記者会見が行われた。そして、これが歴史に残る「迷会見」となった。
はっきり言って、この会見を見るまでは、このドタバタ劇には何の関心もなかったのだが、これを見て、もう心が震えてしまった。

「あぁ、よしもとって、ほんとは、こんなに面白いんだ」って。

吉本のギャグでこれほど笑ったことは、かつてなかった。腹抱えて笑ってしまった。
そりゃー、国民も夢中になるわ。
あわてて一連の騒動の経緯とか調べてしまった。それくらい、心に来るものがあった。

歴代の「やらない方がましだった三大悪手記者会見」といえば。。。
・日大アメフト逆切れ会見
・野々村議員号泣会見
・船場吉兆ささやき会見
だが、これら偉大な記者会見に決して引けを取らない内容だった。

・吉本社長しどろもどろ会見 ←New!!

もう歴史に残る会見になることは間違いないだろう。

この社長。。。
「テープ録ってないやろな」「全員クビにする力がある」等々、自らの脅迫発言に対しての釈明が。。。

「冗談で、まったく受け入れられず、てか、まったく笑われることもなく。。。なんてゆぅたらわかってもらえんかなぁ、和ませようと思って。。。」

なんだ、この「笑ってはいけない記者会見」!?
もう、これ、明らかに狙ってきてるっ!どぉ~~見てもツッコミ待ちだ。後ろからハリセン持った人が登場してくる場面だ!

だが、この社長の無能な受け答えばかりが、話題になる中、最も重要な問題が見過ごされている。
この会見は、世論の風向きが変わって、所属芸人たちによる吉本批判が続々と起こってしまったため、それに対する釈明のために開かれたものと言っても過言ではなかった。

会見の冒頭でこの社長は、闇営業を行った芸人たちに対する自らの脅迫発言を謝罪、そして、契約解除の処分を、なんと!!撤回すると発言したのだ

この社長が経営責任者としての資質を全く欠いていることは、あの会見を見れば明らかだが、そもそもこの社長は、問題の本質がどこにあったのかすら理解していないのだ。

闇営業を行い、反社との関わりを持つ芸人の処分を撤回して、どーすんの?!

結局、この社長も「吉本経営陣対芸人」の問題としてしか受け止めていないということだろう。
「反社との関わり」という当初の問題はどこへやら。会社も芸人も誰も責任を取らないまま、完全になおざりにされて、うやむやになろうとしている。

よしもと茶番劇

待遇や会社経営に不満のある芸人たちが、われもわれもと、吉本批判を行い始めたが、それは吉本会社内の問題だ。おそらく、派閥争いや経営陣の人事などの思惑も絡んできて、余計に話が大きくなっているのだろう。だが、それは、吉本内のただのお家騒動でしかない。

芸能界は古くから反社との関わりが深い。法令順守を徹底し、今後、反社とのつながりを断ち切っていけるのかどうか、それが経営者の責任として問われているのだ。
それをこの寝ぼけた社長は、芸人を脅して悪かった、また一緒に仲良くやっていきたい、などと、大の大人が会見の場で、めそめそ泣きながら訴えるのだ。

もう、あきれてものも言えない。

話が大きくなるにつれ、次から次へと大物芸人たちが口を出すようになり、増々、派閥対立の様相を呈するようになっている。そして、声高に吉本批判をしていた芸人たちは、早くも日和り始めている。

なんなん、これ?

今回、吉本経営陣が、闇営業を行った芸人を恫喝し、記者会見を止めさせていたのは、会社自身も反社とのつながりがあったからだろう。
今回問題になった反社会団体は、吉本の公式スポンサーを務めていたという疑いが出てきている。

反社とのつながりに関して、吉本も芸人も誰も責任を取らないまま、そのうち、このお家騒動も下火になって、今までと相も変わらず、芸能活動をシラッと再開するんだろうな、どうせ。

なんなん、このクソくだらない茶番劇!

吉本の社長は、最後に自らの体を張って、笑いとは何かという手本を示して見せた。やっぱ、社長にまで上り詰める男は違う。最後の花道を立派に飾れただろう。

もう、それで十分ちゃうん?

吉本興業も吉本の芸人も、責任取ってもうみんな消えてくれ。