【東京医科大不正入試】第三者委員会の報告内容と東京医科大の欺瞞的対応

第三者委員会による報告

2018年に発覚した東京医科大の不正入試問題を巡って、第三者委員会が発足し、その調査報告書が次々と上がっている。

それぞれの報告書の内容をざっと、まとめてみると。。。

第一次報告書(2018年10月23日公表)
・2次試験での不正入試は、2006年度の入試から行われていたと認定。
・17年、18年度の一般入試(1次試験)で、女子55人が不正に減点され不合格となっていた。

最終報告書(2018年12月29日公表)
・2013年から16年の一般入試で、109人(うち女性66人)が不正に不合格とされていた。
・2次試験の小論文試験では、現役男子受験生に一律で加点が行われていた。一方、女性や浪人生に対しては、得点が低く抑えられていた。また当時の理事長幹部らによる特定の学生への加点も行われていた。
・国会議員から特定の学生の合格を依頼する文書が発覚。
・得点操作の指示は、歴代の3人の学長(伊藤、臼井、鈴木)らによって行われたもので、主な責任は彼らにあると指摘。
・不正入試の背景には、附属病院(東京医科大学病院)の経営上の都合があったと分析。結婚や出産で離職する割合の高い女性の入学を制限していた。一方で、縁故や寄付金の多寡による不正合格が行われていた。

追加報告書(2019年3月4日公表)
・大学と受験生との間で、合格発表前に寄付金に関する具体的なやり取りがあったと報告。臼井前理事長が作成したメモには、受験生11人の名前と寄付金額が示されていた。この11人全員が合格、うち7人に得点操作が行われていた。実際に寄付を行った10人のうち5人は寄付の額とメモに記された額が一致していた。

第三者委員会報告書の問題点

東京医科大学同窓会は、合否判定の優遇を求める受験者のリストを作成し、それを臼井前理事長に渡していたことが分かっている。また政治家による口利きを示す文書も見つかっている。
しかし、第三者委員会は、大学側の不正に関しては調査を行ったが、贈賄側の受験生の親族に関する調査はほとんど行っていない。
ある特定の政治家の関与が疑われると述べたに留まっている。贈賄に関わったものは、医療関係者から政治家、官僚、財界人と多岐に亘ると見られている。第三者委員会の調査に「忖度」が働いたと見られてもしかたのない報告書だった。

東京医科大学の対応の欺瞞

得点の不正操作が指摘された東京医科大学は、不正に不合格にされた受験生に対して追加合格を行うことを決定した。(17年度と18年度の入試について再判定した結果、不合格となっていた101人に入学の意志を確認し、うち49人が入学を希望。そのうちの44人を追加合格とした。しかし残り5人に関しては定員に達したとして拒否している。)

東京医科大学は、不正に不合格とされた学生に対して、追加合格などの救済措置を講じ、さらに人事を刷新、再発防止策に取り組むとしている。大学側はこうした対策で問題の幕引きを図ろうとしているように見える。
だが、問題は、収賄に関わった大学側だけではなく、贈賄側の学生とその親族にもある。不正に不合格にされた学生だけがなぜか注目されているが、本当の問題は、不正に合格した学生にこそあるはずだ。

医者および医療制度への信頼性というより大きな観点から、この一連の事件を考えたとき、問題となるのは、努力、学力、資質を欠いたまま、不正に入学した学生たちの方だ。彼らは、将来、適正な資質を欠いたまま、医者となり、医療現場に立つことになる。

国家試験によって医者としての資質が担保されるという考えには、現場の医者からも疑問が呈されている。

現代ビジネス

文部科学省の私立大学支援事業をめぐる、東京医科大学の裏口入学問題。汚職容疑で逮捕された前科学技術・学術政策局長の佐野太容…

東京医科大学は、不正に合格した者に対する処分は何ら行っていない。そして、東京医科大学が設置した第三者委員会においても、贈賄側の追求は全くと言っていいほど、おざなりにされていた。さらに奇妙なことに、日本の一切のマスメディアがこの点に関して、全く等閑に付しているのだ。

親のコネと金によって、医者になる学生たち。。。そして、教育機関の名を語って、金のために適性の不確かな医者を世に送り出す大学。。。

医療への信頼というより大きな視点から見れば、こちらの方がはるかに重要な問題なはずだ。
東京医科大学は、多額の寄付金を出した贈賄側は、あくまで守り通す気でいるのかもしれない。しかし、そうした大学側の極めて欺瞞的で不誠実な対応が、大学、さらには医療現場への信頼を失わせていくことに気が付かないのだろうか?

関連記事

東京医科大学不正入試事件 東京医科大学の不正入試問題が波紋を広げている。 7月4日、文部科学省政策局長の佐野太容疑者が受託収賄の容疑で逮捕された。東京医科大学を文部科学省の私立大学支援事業の対象校に選定する見返りに、佐野容疑者の息子の同校[…]