いつの間にかソニーが業績回復 – 時価総額で家電業界首位奪還

ソニー、時価総額5兆円回復 電機メーカー首位

8日の東京株式市場でソニーの時価総額が5兆円台を回復した。終値ベースで5兆円を超えたのは、2008年6月下旬以来となる。エレクトロニクス事業の復活を好感する声が多く、18年3月期の連結営業利益は20年ぶりに最高益を更新する可能性もある。

終値は4%高い3989円となり、時価総額は5兆411億円だった。主な電機メーカーの時価総額をみると三菱電機やパナソニックなどが3兆円台にとどまり、ソニーの躍進が際立つ。

日本経済新聞

(* `・д・) : ソニーの業績、好調だねぇ。

(=´・ω・) : いつの間にやら、ソニーが復活してたんだね。

なにが売れてるんだろうと思ったら、スマートフォン向けのカメラ用画像センサーが好調みたい。

でも、同時に発表した前期(2017年3月期)の連結営業利益は、2887億円で、1.9%減なんだけどね。
ちなみに、売上高は7兆6033億円で、6.2%減。純利益は、733億円で、50%減。

Bloomberg.com

ソニーは28日、今期(2018年3月期)の連結営業利益が前期比73%増の5000億円になる見通しだと発表した。1998年…

(* `・д・) : あれ?減ってるんじゃん。。。

(=´・ω・) : まぁ、今、業績回復の兆しが見えてきた状態だから。これから良くなるってことじゃない?

市場もそう判断してるみたいで、株価も絶好調だよ。

先月末には、今期(2018年3月期)の業績予想を前期比73%増の5000億円と発表してるよ。

(* `・д・) : 倍近く伸びるってこと?ずいぶんと強気だなー。もともと堅調なゲーム事業と半導体に、最近は、スマホのカメラが加わって、売り上げに貢献してるってことかな。

(=´・ω・) : 今の製造業は、ほんと、スマホにかかってるんだよね。

カメラの老舗のニコンは、スマホ分野に乗り出せなくって、業績不振に喘いでいるし。しかも、けっこう深刻。。。

(* `・д・) : 結局、今売れているものって、スマホだけなんだねー。

(=´・ω・) : そう。だから、スマホ分野を制すると、一気に業績が好調になる。

だから、スマホ業界の巨人、サムスンは2016年12月期の営業利益が、29兆2400億ウォン。。。

(* `・д・) : それって、日本円だと?

(=´・ω・) : 約2兆9000億円。。。

(* `・д・) : ひやっ!に、にちょー?!

(=´・ω・) : ソニーが今期で5000億達成できても、足元にも及ばない。。。

まぁ、財閥と比較してもしょーがないんだけど。それにしてもスゴいね。。。

(* `・д・) : 去年大騒ぎだったGalaxyの発火問題なんてどこ吹く風だねー。

関連記事

 サムスンが炎上している。いや、文字通り燃えている。  今年8月19日に発売されたSmart Phone「Galaxy Note 7」が、販売直後から、バッテリーが発火する事故が続発。 サムスン電子は8月末に販売を中止し、世界10カ国で約[…]

(=´・ω・) : まぁ、それでも日本企業の業績が回復しつつあることは、よい兆しだよ。

とりあえず、ソニーさん、がんばって!

(* `・д・) : この調子なら、株価もまだ上がっていくんじゃない?

ソニーの株は買うの?

(=´・ω・) : もう手持ち資金がないから、ムリ!