トランプの掲げる孤立主義の恐ろしさ

トランプ快進撃!!

トランプが勝っている。というか躍進している。

今までの大統領選挙を歴史的に見ると、アメリカ人は、予備選が始まるまでは、ふざけた候補者でも大目に見て話を聞くけど、実際に選挙が始まったら、もっと理性的な判断をする。。。
とか、そんなようなことを色んなジャーナリストや政治学者が口を揃えて言ってたけど。。。

おい!もう共和党候補者になりそうな勢いだぞ。(ほんとに専門家って当てにならない)

孤立主義政策のトランプ

トランプの何がいったい支持されているのだろう?
トランプの政策は、ざっくり言っちゃえば、外交も経済も孤立主義でいくってことだろう。なんだか19世紀のアメリカに先祖帰りした感じだ。孤立主義、非同盟主義で、モンロー主義復活!!って感じだ。

ブッシュ政権のときは、アメリカの単独主義が非難されていた。それはアメリカ一国の利益を考えて、国際政治を主導しようとしたからだ。
だけど、トランプの孤立主義は、国際政治からは一切身を引きます、何でアメリカが膨大な軍事費を負担して、国際秩序を守んなきゃなんないんだ、俺はもう、かんけーねー!ってことだ。

単独主義ではなく、孤立主義だ。

単独主義にも様々な問題があったが、孤立主義はさらに危険だ。
アメリカが孤立主義に走った場合、国際秩序は相当な危機に立たされる。中国、ロシア、ISがアメリカ不在の隙を狙って、積極的な覇権主義に出て くる可能性は、非常に高い。

トランプは、さらに日本への敵意も剥き出しだ。日米安保も解消しそうな勢いだ。ことあるごとに、日米安保の不公平さを非難している。

日本の立場は、正に滑稽だ。
日本があれだけもめて集団的自衛権を行使できるように整備したのに、その途端に、肝心のアメリカから断られるっていう(笑)。なんだか、壮大なオチだなぁ。
もう泣いていいんだか、笑っていいんだか分からない。

さらに危険な経済政策

トランプの経済政策における孤立主義はさらに過激だ。TPP撤回、関税引き上げ、中国からの工場の引き上げと、徹底した孤立政策だ。

移民を労働者として使うことも、海外へ製造委託することも禁止するなら、労働者を国内でまかなわなくちゃいけなくなる。そうすると、賃金上昇は避けられないから、アメリカの製品の価格が跳ね上がって、国際競争力はなくなる。
現在アメリカは純債務国で、国内の旺盛な需要を輸入で賄ってる。当然、国際競争力は落ちているので、輸入超過(貿易赤字)になって、ドル安傾向が進む。海外債務のためにドルはさらに流出し、経常収支も悪化。
80年代のレーガン政権下のような双子の赤字になるかもしれない。国際収支の大幅な赤字と財政の赤字だ。
国際収支改善のために、もしそのような状況下で金利を引き上げたら、国内的には金融引き締め効果になってしまう。トランプの鎖国政策で賃金には上昇圧力がかかっているから、賃金上昇と金融引き締め効果で、アメリカ企業が立ち行かなくなる。

とまぁ、こんな恐ろしいシナリオが思いついた。
メキシコに壁作るとかいってる人の経済政策だ。ほんとに、こんなド素人の考えたシナリオが実現するかもしれない。

もし、本当にトランプが大統領になり、このような経済結果を招いたとしたら、アメリカはどうするか?

レーガン大統領は、当時、双子の赤字を解消するためにどのような政策を取ったか、みなさん、覚えているでしょうか?

そう、プラザ合意だ。ドル高是正の国際協調を強制的に行い、日本の経常黒字を吐き出させた。と同時に円高誘導して、日本の国際競争力を殺いだ。

その後の日本の凋落っぷりは、みなさんご存じの通り。中国や韓国が台頭する契機ともなった。
トランプがまたレーガンと同じことをしてこないとは限らない。(今度はドル安だから手法は変わるだろうが。)ともかく、自民党のことだ、ハイハイ言いなりになるんだろう。

ついでだから、もう一つ別のシナリオも考えておこう。(なんか思いついたので。)

トランプはもしかすると、自らの経済政策をフォーディズムのように考えているのかもしれない。
国際競争を遮断して、国内の労働者のみに依存して、その結果、賃金を上昇させて、個人消費が回復する。それに伴って国内景気が回復する。。。これって、まさにフォーディズムだ。内需主導型の経済発展で、ほんとにアメリカは、「古き良きアメリカ」の20世紀初頭に先祖がえりしたいのかも。

でも、そしたら、黄金の1920年代が復活するのだろうか?
しかし、それは、やっぱり考えてみれば、おかしい。メキシコに壁作るとかいってるやつの経済政策がそんなに上手くいくはずがない。

アメリカの20年代の繁栄は、当時のアメリカが国際競争力で圧倒的な優位に立っていたからだ。第一次世界大戦で疲弊したヨーロッパに代わって、債権国として巨額の経常黒字を築いていた。
今それをやったら、対外債務が膨れ上がって、ギリシャみたいなデフォルト寸前にまで追い込まれる。世界の基軸通貨がデフォルトとかいう前代未聞の摩訶不思議な事態になりそうだ。その場合は、自分でいっぱいお札すればいいような気もするがどうなんだろう。

やっぱり、日本に債務を肩代わりさせるというのが一番現実かもしれない。
結局、どう転んでも日本は救われない。。。