Sam Cooke – GospelからSoul Musicへ

(画像出典: Sam Cooke – Wikipedia

サム・クック (Sam Cooke) – Soul MusicのRoots

 教会音楽だったGospelをpopular musicへと橋渡ししたmusicianのひとりにSam Cookeがいる。

 彼は、Gospelを基調としつつ、R&Bへとそのstyleを変え、数々のhit songを生み出していった。1957年から1964年の活動期間の間に、彼の曲の30曲がTop 40に入っている。
 歌手としてだけでなく、編曲家としても、音楽界に多大な影響力があり、The King of Soulと呼ばれた。

 彼の先駆的なSoul Musicへの貢献は、のちのStevie Wonder、Marvin Gaye、James Brownの人気へとつながっていった。彼の音楽を、Soul Musicの起源と評価する人もいる。

黒人の権利と音楽事業への貢献

 Sam Cookeは、音楽事業に関わった最初の黒人歌手としても知られている。彼は、record labelと出版社の両方を自ら立ち上げている。

 当時の音楽業界では、不利な契約を結ばされる黒人音楽家が多かった。黒人の権利が守られなかった時代に、Samは、自らlabelを立ち上げて、黒人音楽家の地位向上に努めようとした。
 後のBlack Musicの盛隆を考えると、こちらの方が彼の功績として大きかったかもしれない。

 また市民権運動にも積極的に関わっていた。
 しかし、1964年、彼は33才の若さで亡くなっている。射殺だった。彼が生きていたら、音楽の歴史はまた違ったものになっていたかもしれない。

Great Hits of Sam Cooke