ボゼ – 鹿児島県悪石島の奇祭

 ボゼは、鹿児島県トカラ列島の悪石島に伝わる来訪神行事である。奇祭として知られており、1989年(平成元年)3月22日に、指定名称十島村悪石島の盆踊りとして、鹿児島県の無形民俗文化財に指定された。

盆の最終日翌日にあたる旧暦7月16日に、若者が赤土と墨で塗られた異形の面を被り、ビロウの葉の腰蓑を巻き、手首や足にシュロの皮をあててボゼに扮し、手には男根を模したボゼマラという長い棒を持つ。

ボゼ – Wikipedia

(=´・ω・) : この前、鹿児島市内の博物館に行ったんだけど、そこで、面白いもの見つけたよ。

(* `・д・) : なに?

(=´・ω・) : 「ボゼ」っていうやつ。

これ↓

(出典: 鹿児島県HP

(* `・д・) : わっ!

ナニコレ!?

(=´・ω・) : なんか、スゴイでしょ。

鹿児島の悪石島で、盆踊りの際に神事で使われる衣装らしい。

まぁ、なまはげの鹿児島版みたいなものかな。

(* `・д・) : でも、ずいぶんと日本離れした姿だね。

(=´・ω・) : そう。東南アジアやポリネシアの文化っぽいよね。

まぁ、鹿児島っていっても、悪石島っていうかなり南方の小さな島の文化なんだけどね。

(* `・д・) : ボゼの姿も薄気味悪いけど、悪石島(あくせきじま)っていう島の名前からして凄いねー。

(=´・ω・) : 横溝正史かなんかの小説みたいで、行ったら最後、帰って来れなくなりそう(笑)。
いかにも人を遠ざけているかのような島だね。

(* `・д・) : で、ちゃんと、生きて帰ってきた人はいるの?

(=´・ω・) : コラ!

ちゃんといるよ。人も住んでるんだよっ!

悪石島は、トカラ列島に位置していて、鹿児島と奄美大島の大体中間辺りにあるんだよ。

地元の島民からすれば、ボゼをはじめとした独特な地域文化は、観光資源だと思うんだけど、あまりに交通の便が悪すぎて、普段、島を訪れる人はほとんどいないみたい。そもそも悪石島の人口が、60人程度(2012年現在)しかない。

(* `・д・) : うわっ、すんごい小さな集落なんだね。そんなところで、こんな衣装着てお祭りやってるの?

(=´・ω・) : そうだね。

でも、だからこそ、外部からの影響に邪魔されずに、日本の文化からは極めて異質な、さらには、沖縄の文化からすらも異質な、独特の風習を今に残してこれたのかもしれない。

(* `・д・) : まるで進化から取り残されたガラパゴス島みたい。

(=´・ω・) : 全然調べてないから、何の根拠もない憶測だけど、ポリネシアとかとのつながりを思わせるようで、非常に興味深いよね。太平洋を島伝いに、南方から文化のつながりがあったとか、勝手な想像するととても面白い。

(* `・д・) : 確かに、ちょっと薄気味悪いけど、こうゆーのって見ててなんかワクワクするよね。

(=´・ω・) : そう!見ててなんだか引き込まれるものがあるんだよねー

博物館で見つけた時も、そのほかの展示は、他の民俗博物館などでよく見た民俗風習の類いで、特段珍しいとも思わなくって、フーンって感じだったんだよ。でも、その最後の一画に来て、ボゼの展示に出くわしちゃった。

そのままボゼの前で居座って、長いことぼーっと魅入っちゃったよ。

(* `・д・) : 普通の民俗博物館で、突然こんなの出てきたら、たしかにオドロくね。

(=´・ω・) : ボゼを展示しているその一画だけが、明らかに異様な雰囲気なんだよね。明らかに他とは違う異質な空間で。

ボゼの姿は、不気味で非常にうす気味悪いんだけど、その姿と日本離れした意匠には、魅惑のようなものを感じたなー。

近隣の島でも類似の奇祭が行われていたらしいけど、今では、悪石島以外では全部姿を消してしまったらしい。

でも、一度くらいは生で見てみたいなぁ。

だって、こんなんだよ、こんなん↓

(* `・д・) : う~ん、やっぱり、行ったら帰って来れなくなりそう(笑)