トランプ相場、終わりの始まりか!?

緊急調査「ロシアゲート」と株価の行方、“強気相場”復帰は早い

―米トランプ政権不安で遠のいた2万円乗せ、市場は影響限定的の見方―

トランプ米大統領がロシアとの関係を巡る米連邦捜査局(FBI)の捜査に圧力をかけたとの疑惑から、米政治の混乱懸念が浮上。17日の米国市場の急落に続き、この日の東京株式市場でも日経平均株価は一時前日比360円超下落した。トランプ大統領には弾劾懸念も浮上しており、大型減税策などが進まなくなるとの見方もある。しかし、市場には「ロシアゲートの相場への影響は限定的」との声も少なくない。その理由とは何か。

●NYダウ急落し大幅な円高進行、米政策期待の剥落懸念も

18日の東京株式市場は日経平均が前日比261円02銭安の1万9553円86銭で引けた。待望の2万円乗せからは再度、遠ざかった格好だが、市場が懸念するのは「トランプ米大統領が、FBIのコミー前長官にロシアとの関係を巡る捜査を打ち切るよう求めていた」という疑惑だ。トランプ大統領はコミー前長官を解任したことで捜査妨害をした疑いが持たれている。

ニクソン政権下のウォーターゲート事件との類似性から「ロシアゲート」とも呼ばれている今回の疑惑では、トランプ大統領に弾劾の可能性も浮上。トランプ政権の目玉とされている減税政策などの実現は遅れる可能性があり、米経済への影響も危惧されている。足もとの経済指標もさえずダウ工業株30種平均は17日に急落、為替は1ドル=110円台へ大幅なドル安・円高が進行した。

株探

トランプ大統領の弾劾裁判の可能性が出てきたら、やはり、日経は急落した。

5月17日の為替相場は、ドルが円に対して、一日で2円の下げ。日経平均はあと少しで、2万円台回復ってところだったが、急なドル安が進んで、翌日大幅に下がる結果となった。

為替ドル円
・5月17日
110.79 前日比: -2.33(-2.1%)

日経平均
・5月18日
19553 前日比: -261(-1.3%)

しかし、トランプ大統領への弾劾裁判が行われる可能性は、ほとんどなく、影響は限定的と見られている。
弾劾裁判には、下院の過半数、上院の3分の2の賛成が必要で、さらに上院下院ともに共和党が多数派を占めている。
弾劾裁判の実現性は乏しいので、市場では、またすぐに値を戻すという期待が大勢らしい。

じゃぁ、このまま2万円回復まで行くのか?

それは、けっこう怪しいように思うんだが。。。どうだろう?

弾劾裁判が行われなかったとしても、ロシアの選挙介入やロシアへの機密漏洩の疑惑は、消えたわけじゃない。今後も野党は、ことあるごとにこの問題を取り上げてくることだろう。

それに、今回の件で、トランプ大統領の親露派的態度、司法介入するような法治主義を軽く見る姿勢、っていうのがはっきりした。

アメリカって国は、反露、三権分立、法治主義が国是みたいなお国柄だ。この点に関しては、共和党からもかなりな批判が出ている。
もう、こっから先の議会運営が困難を極めるのは、火を見るよりも明らかだ。

もし仮に、目玉の減税政策が遅れたり、実行できなかったりしたら、今まで期待で上がってた分が、吹っ飛ぶ。
トランプが大統領に就任して以来、今まで、なんの法案の可決も、政策の実行もしてないのに、期待と思惑だけで、ここまで上がってきたんだから。

これから少しでも議会運営に失敗が続いたら、上がってた分の調整が一気に入ると見た方がいいように思う。

Sell in Mayで、売りが多くなるだろうし、6月利上げ説も出てる。利上げがほんとに6月に実施されたら、その辺りから調整局面に入り。。。
日経はこのまま2万回復しないで、夏枯れ相場までズルズル下がっていく。。。そんな気がする。まぁど素人の見立てだが。

もし、このまま「トランプ相場」が続くような強気の展望があるとしたら、それは、トランプがほんとに罷免されて、ペンス副大統領が昇格した時かもしれない。

でも、それって、「トランプ相場」って呼べるのかな?ジョーカーが抜かれたトランプ相場ってことこもしれない。