広告

カテゴリ: 経済

【仮想通貨危機】分裂を繰り返すビットコイン - 仮想通貨のガバナンスはいかに確保されるのか

*分裂を繰り返すBitcoin ビットコインが規格を巡って再び分裂した。 8月に新規格を巡ってBitcoinとBitcoin Cashに分裂したばかりだったが、たった3ヶ月のうちに再び分裂したことになる。 この規格を巡った分裂は、収まる様子が全く見えていない。来月には、さらに別の規 …
続きを読む
【仮想通貨】中国当局による仮想通貨への規制強化を受けて、Bitcoinの価格が乱高下 - 規制の行方はどうなる?

*相変わらず乱高下を続けるビットコイン価格 気が付けば、Bitcoinの価格が5000ドルを超えていた(驚)! 今月9月2日、ついに5000ドル(約55万円)を突破。高値更新を続けていた。しかし、その二日後の9月4日、中国政府が仮想通貨への規制強化を発表。一転、急落し、翌日5日 …
続きを読む
【仮想通貨戦国時代】ビットコインに続くイーサリアム、リップル、基軸通貨となるのはどれか? - 仮想通貨の本当のリスク

 ビットコインに続くイーサリアム、首位逆転はありうるか!?ビットコインの流通シェア、イーサリアムやリップルが奪う - Bloomberg記事のざっくりまとめ・Bitcoinがやばい。まじやばい。イーサリアムに首位抜かれるかも!? 今年に入ってからの仮想通貨の動きが目まぐるしい。 …
続きを読む
【仮想通貨】ビットコインは本当にインフレを起こさないのか?

 ビットコインの価格が急騰して、再び仮想通貨が大きな注目を集めている。 5月13日に20万円台に達した後に急騰、5月25日には34万円を超えた。わずか2週間足らずで60%近い値上がりだ。しかし、その後急落、2日後の27日には22万まで暴落した。その後はまたじわじわと上昇、6 …
続きを読む
プエルトリコが財政破綻 - 8兆円規模で過去最大

プエルトリコが破産手続き、債務8.4兆円-米自治体で過去最大 米自治領プエルトリコは3日、財政破綻に伴い債権者からの保護を求める法的手続きに入った。米国の自治体の債務整理としては過去最大規模となる。 プエルトリコは債務の全額は返済できないとしており、プエルト …
続きを読む
地政学リスクで日本円が買われるワケ - 有事の円買いはなぜ起こる?

 北朝鮮情勢がますます緊迫している。金正恩政権は、ミサイル発射と核実験を続けて、アメリカおよび周辺国を挑発し続けている。それに対し、トランプは先制攻撃も辞さない構えだ。 そうした地政学リスクに備えて、海外投資家が日本の株式市場から資金を引き上げつつある。 …
続きを読む
【どうしてこうなった!?】金融緩和が消費につながるアメリカ、金融緩和が企業の内部留保につながる日本

膨らむ内部留保 増えない給与 366兆円 最高更新 企業が余らせた利益に当たる「内部留保」が過去最高になったことが明らかになった。財務省が一日発表した一~三月期の法人企業統計(金融・保険業を除く)によると、内部留保を指す「利益剰余金」は三月末時点で前年同 …
続きを読む
【不思議の国アメリカ】なぜアメリカ人は、貯蓄がなくても生活して行けるのか?

クレジットカード貧困の罠…リボ払いはこんなに危険!利息だけで百万円に上ることも アメリカはさまざまな面で世界の最先端を行く。たとえばIT。筆者も働いたことがあるが、公立の貧乏な小学校でもWi-Fi環境が整備されており、授業でノートPCやタブレットを普通に使っている …
続きを読む
【驚愕】アメリカ人の7割が貯金10万以下、3割強がナント貯金ゼロ!

貯金しないアメリカ人 「10万円もない」が69% 専門家「カード社会が原因」と指摘 「Go Banking Rates」がアメリカ人の成人7000人を対象に「銀行にどれだけ貯金がありますか」という調査を行ったところ、34%は貯金額がゼロ、69%が1000ドル(約10万円)の貯金もないと回 …
続きを読む
厳しすぎる!?正社員の解雇要件を緩和したら、雇用は改善されるか

「解雇しやすい社会」にすれば正社員は増える真の意味での雇用の安定をどう考えるべきか 日本型正社員の2大特徴は、①一度雇ったらなかなか解雇できない解雇権濫用法理と、②一度上げた賃金はなかなか下げられないという不利益変更法理です。これらのルールは、元から法律で定 …
続きを読む

広告