広告

株価 株式市場 チャート
*投資と投機の違い
 「投資」と「投機」の違いって何でしょう?両者を分ける明確な基準ってあるんでしょうか?

 実はこれ、明確な基準なんてないんです。投資と投機とを分けるその境界線は、実はかなり曖昧で、状況や個人の主観でかなり変わってきます。

 しかし、指標のようなものはあります。その一つが、信用取引、つまり、借金や貸株による取引を行っているか、どうかという点です。
 信用取引によって、空売りなど、多様な投資戦略が可能になりますが、現物取引よりも投機への性格が強くなることは否めません。

*信用二階建て
 その信用取引の中でも、危険性の高い取引手法に「信用二階建て」というのがあります。

 信用二階建ての手法をざっくり言うと。。。
・まず、ある銘柄の現物株を購入する。
・その現物株を担保(代用有価証券)に、同じ銘柄を購入する。

 現物株を買って、それを担保にさらに株を買い増す。。。要するに、証券会社から借金して株の買い増しをするわけですが、証券会社に担保(委託証拠金)として差し出すものが、現金ではなく現物株という点に特徴があります。

 なので、当然ですが、担保(委託証拠金)の価値が時価によって変動することになります。
 委託証拠金率は、証券会社によってまちまちですが、最低30%と法令で定められています。借金に対して、最低3割の委託証拠金を維持できればよい、ということになります。逆に言うと、委託証拠金が最低30%の水準まで、借り建てが可能です。

 ちなみに時価100万円の現物株を信用二階建てした際の計算はこんな感じ。

 (100 x 0.8) ÷ 0.3 = 266.66万円

 委託証拠金は、証券会社の定める代用掛目で目減りされます。ここの計算では、一般的な0.8で設定。約267万円分の株式を2階建て分として購入が可能です。元の現物と合わせて、総額367万円分になります。

 ただ、ここに、担保の額が時価で変動することの意味(というか、その恐ろしさ)があります。担保として差し出している現物株(代用有価証券)の時価が上がれば、担保の額も上がります。つまり、株価が上がれば、それだけ買い増せる額が上昇するので、雪だるま式に取得株式の総数が増えていきます。

 ってことは、株価が下落すれば、当然、逆のことが起こります。委託証拠金の額まで目減りするので、30%を切れば、即、追証が発生します。証拠金が一定額の場合と違って、時価で変動する信用二階建ては、追証がはるかに発生しやすい取引なのですっ!!

*信用取引の危険性
 追証。。。これが払えない場合は、強制決済です。株価の下落が急激で、強制決済が追い付かなければ、借金です。
 ふつう、追証が発生するってだけで、恐ろしいんですが。。。信用二階建ては、それがより発生しやすくなる取引ってことです。

 もう、こんなのは投資ではない!と思うんですが、考え方は、人それぞれあるようです。

 しかし、ふつーの個人投資家が行う取引手法ではないことは確かです。
 投資は、ギャンブルとは違います。安易に信用取引を利用するのは、くれぐれも控えましょう!

【関連記事】
信用二階建で破産しかけた人の話

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット